矯正歯科

横浜の矯正歯科がおすすめ、矯正治療中には歯のクリーニングを

16 views

横浜の矯正歯科がおすすめ、矯正治療中には歯のクリーニングを

矯正治療中は、矯正装置を付けることで口腔環境が変化して、歯磨きしにくい状態になっています。せっかく矯正治療により歯並びが整っても、むし歯や歯周病になってしまっては、治療が成功したとは言えません。そこで今回は、健康で美しい口元を手に入れるために、矯正治療中における歯のクリーニングの重要性についてご説明します。

横浜の矯正歯科が教える、治療中にクリーニングを受けるべき理由とは?

矯正治療中は、インビザラインをはじめとするマウスピース矯正などを除き、自身で装置の取り外しができません。ワイヤー矯正や裏側矯正がその代表例です。矯正装置を付けている間は、その周囲に食べカスが残りやすく歯ブラシも届きづらいため、治療前よりむし歯や歯周病になりやすい環境にあります。そのため、プロによるクリーニングでむし歯や歯周病のリスクを軽減しましょう。マウスピース矯正の場合でも、食後の歯磨きを怠ることも考えられるため、定期的なクリーニングをおすすめしています。
以上を踏まえて、矯正治療前にはそのクリニックで、クリーニングができるかどうか確認すべきです。費用や頻度も事前に確認しておけば、後々悩むこともありません。頻度の目安は1〜3カ月に1度のペースで、矯正治療の経過観察と同時にクリーニングしてもらうと手間も負担も少なくて済みます。

横浜の矯正歯科が勧める歯のクリーニング。4つのメリットとは?

むし歯や歯周病を予防する

矯正治療中にクリーニングを実施する最大のメリットは、むし歯や歯周病のリスクを軽減すること。装置を外してクリーニングしてもらえるので、自宅の歯磨きケアだけでは届かない部分の汚れも除去できます。

色素沈着を取り除く

矯正装置の周り、歯の表面に茶シブなど着色汚れが付くことがあります。クリー二ングには飲食物によるステイン(着色汚れ)をリセットして、元の歯の色を保つ効果もあります。矯正治療で歯並びを整え、白く美しい歯を手に入れましょう

歯の質を強化する

歯医者により異なりますが、クリーニングと合わせてフッ素塗布を実施する場合もあります。食事の際に、歯の表面のエナメル質が溶け出すのを防ぐため、むし歯予防に効果的です。また、歯質を強化することで、酸に溶けにくい丈夫な歯を作る効果も期待できます。

歯の質を強化する

矯正治療を始める際には、口腔環境に異常がないか確認します。しかし、歯の状況が治療中に変化することも。歯の隅々までクリーニングすると同時に、細かい部分までチェックするため、問題の早期発見につながります。

横浜マウスピース矯正歯科センターは、矯正治療中のクリーニングも実施

横浜マウスピース矯正歯科センターでは、矯正治療から一般歯科治療、クリーニングまで幅広いサービスを提供しています。初めての矯正治療で、治療前後や治療中に気をつけるべき点など、不安なことがあればいつでも相談にいらしてください。

お問い合わせ・各種ご相談はお気軽に

各種お問い合わせ・ご相談は下記よりお気軽にお問い合わせ下さい

ご連絡メールフォーム

カテゴリー:矯正歯科

矯正歯科の最新記事

© 横浜マウスピース矯正歯科センター