横浜マウスピース矯正歯科センター

矯正歯科のプロが勧める、再注目の「8020運動」って?

103 views

矯正歯科のプロが「8020運動」の解説とともに、矯正治療の知られざるメリットを紹介します。

矯正治療の目的は、歯並びをキレイにして見た目をより良くすること。もちろんその通りですが、得られるメリットはそれだけではありません。矯正治療には歯並びを整えることで、歯の健康を保つ効果もあります。そこで今回は、近年ますます注目されている「8020運動」の解説とともに、当院が実践する「生活の質を向上させる矯正治療」をご紹介します。

キレイな歯並びは歯と体を健康に

8020運動」とは“生活の質の向上”を目的とし、「80歳になっても20本以上自分の歯を保つ」ために平成元年より国を挙げて推進している運動のこと。“正しい方法で歯磨きする”“かかりつけの歯科医師を持つ”など、日常で取り組める基本的な行動を推奨しています。厚労省の調査によると、運動の開始から現在までの期間で、40歳以上の全ての年齢において保有する歯の数は増加傾向にあり「8020運動」の成果が現れつつあります。
当院では、歯を残すため矯正治療の重要性をお伝えしています。歯を失う様々な原因を取り除くために、例えば以下の内容が挙げられます。

  • ・虫歯のリスクを減らすため、歯磨きしやすい歯並びに
  • ・歯周病を減らすため、歯石取りしやすい歯並びに
  • ・銀歯や被せ物を何度もやり直す必要を失くすために、長期的に安定する噛み合わせに

矯正治療は歯を清潔に保ち、負担を減らすための有効な手段です。キレイな歯並びは見た目を良くすると同時に歯の健康を促進します。

8020運動」がもたらす3つのメリット

8020運動が生活の質にもたらすメリットは大きく分けて3つ。

自分の歯で食べる楽しみが生活の質を向上させる

一般的に「歯が20本あれば食品の咀嚼が容易である」とされています。歯の数が少なくなると“好きなものが食べられない”“義歯を入れたとしても食事にストレスを感じる”など、生活の質は低下。8020運動の効果により、自分の歯で好きなものを食べられ、幸せな人生を過ごせます。

複数の予防効果で寿命を伸ばす

歯が多く残っている人は歯が少ない人と比較して、認知症や要介護認定になる人の割合が少ないという統計結果が出ています。その結果、転倒による体への危害や様々な疾病を予防するという事実が調査結果から明らかになっています。これらの理由から、歯の数が多い人のほうが、寿命が長いといわれています。

高齢でも健康かつ意欲的な人生を過ごせる

歯が多い人は内面にも良い影響がみられます。例えば、社交的で明るい性格である、気持ちが安定している、社会的意欲が高いなどの傾向が報告済みです。豊かな余生を送るためにも、歯を多く残すことが必要とされています。

歯の健康から人生をトータルサポート

多くの患者は「見た目の悩み」を解決するために矯正治療を始めます。当院では患者の願いを叶えるのはもちろん、QOLを向上させるために長期的な目線で治療方針を提案いたします。さらに、治療後もかかりつけ医として定期的に歯の健康をサポートします。どんな小さな悩みでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせ・各種ご相談はお気軽に

各種お問い合わせ・ご相談は下記よりお気軽にお問い合わせ下さい

ご連絡メールフォーム

横浜マウスピース矯正歯科センターの最新記事

© 横浜マウスピース矯正歯科センター